Infomation

活動のご紹介

くまもとスローワーク・スクールとは

加速化する経済至上主義の中で、大人たちは過酷な労働により時間を奪われています。

子どもに時間をかけることができず、本来あるべき家庭・地域のセーフティーネットのほころびが広がってしまい、結果、そこからもれ落ちていく若者があとをたちません。
 
医療機関の心理士として勤務した15年をふり返ると、早い段階から子どもたちそれぞれの個性に応じ、将来をしっかりと見すえた支援を行なえば、今ある姿が違ったのではないかという強い思いがあります。
 
私たちの住む熊本県和水町は、福岡都市圏から高速道路利用で約90分という比較的近距離でありながら、豊かな里山が残る穏やかな地です。
また、田植えをはじめ、道路補修・地域防災などのいわゆる“もやい活動”が多く残っています。
 
そして、人が頻繁に集うため自然と互いのつながりも強まり、社会的に弱い立場にある人をほっておけないという本来の意味でのセーフティネットが維持された稀有な地域でもあります。
 
和水町には、一人ひとりに役割が与えられ、最後までその役割をしっかり見守ってくれる風土があります。
ここで、自分の居場所・再チャレンジの場所をいっしょに探していきませんか。周りの人の視線の温かさや声かけのやさしさで、一歩を踏み出そうという勇気がきっと出てくるはずです。
 
特定非営利活動法人くまもとスローワーク・スクール
代表 入江 真之